太陽光発電の設置方法

太陽光発電の設置を考えたら、家主はまず何をすべきでしょうか。
これから導入をする人のために、設置までのステップを紹介します。
①メーカーを比較する②取り付け業者を探す③取付け工事にかかる見積りを比較してみる④工事依頼をする①太陽光発電システムは大手の電機メーカーなどが製造販売をしています。
メーカーによって製品特徴も価格も異なってきますので、どのメーカーの太陽光発電システムが自分の家に合っているのか比較してみることです。
②取付け工事の業者は、この先アフターケアや点検などで長い付き合いになりますので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
この業者には「取付け工事専門に行う業者」と、「取り付けから販売までを行う業者」がいます。
*「取付け専門業者」・・・工務店や建築会社など*「取付け・販売の業者」・・・メーカーと契約している代理店や大手の家電量販店③業者のアフターケア、サービス、評判などを検討したうえで、信頼できそうな業者を数社ピックアップしてみるといいでしょう。
そして、それらの業者から工事にかかる見積りを出してもらって、費用比較をしてみます。
④納得できる業者を見つけることができたら、いよいよ施工依頼をして太陽光発電の取付け工事を行ってもらいます。
最後に、以下の2点は太陽光発電の導入を決めたら、真っ先に検討しなくてはいけないことです。
①補助金制度国や自治体から「補助金」が出る場合もありますので、事前に情報をチェックしておいてください。
国の補助金は一律ですが、自治体の補助金は各自治体で異なります。
補助金の交付が認められる前に着工した場合は、補助金が取り消しになることもあるので注意しておいてください。
余剰電力買取制度・・・余った電力を10年間一定の金額で買取してもらえる制度です。
この制度を利用するには電力会社へ申し込みをして契約する必要があります。
場合によっては手続きに時間がかかるので、早めに手続きを進めることが大切です。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>