2011年に日本にもたらした影響と太陽光発電

2011年以降、自然エネルギーが大きく見直されてきています。
実際に家庭で導入する太陽光発電システムの導入率が2011年の時点で1%だったのが、2012年に入って17%まで伸びてきています。
普及具合としてはまだまだですが、これは飛躍的な伸び率じゃないでしょうか。
では何故、1年の間に急速に太陽光発電システムの導入が増えたのかと言うと、この背景にあるのが、2011年3月11日の東日本大震災です。
多くの犠牲者を出して改めて自然災害に対する災害対策意識が芽生えたのと同時に、電気についても強く考え直させられることとなりました。
そこにあるのが福島の原子力発電所の事故です。
その影響によって、関東圏に電気が供給できないという問題が発生したのも記憶に新しい出来事ですよね。
地域ごとに時間制で電気の供給を止めたり、企業も一般家庭も普段から電気を節約するようになりました。
また、被害を受けていない地域から電気を分けてもらう取り組みもしていました。
多くの被害を出した激動な1年だったわけですが、そこで得たものもあります。
それが自然エネルギーへの関心です。
自然エネルギーとは太陽光の熱、地熱、風力、水力など、自然にあるエネルギー源です。
これを電力に変換して使います。
一般家庭で導入されている自家発電システムの太陽光発電もそのうちの一つです。
従来のエネルギー源であった化石燃料とは違い、枯渇の心配もなく、二酸化炭素を排出することもなく、騒音も出ません。
そのため、自然環境の保護、地球温暖化への取り組みの一環としても注目されています。
最近では、新築を購入する家庭の多くが太陽光発電を導入し始めています。
また、オール電化との相性もいいという事もあって、特にオール電化住宅で導入が進められているようです。
まだ改善されるポイントはいくつかある太陽光発電ですが、導入するタイミングとしては補助金制度もある今がチャンスです。
太陽光発電の導入を考える方は、まずは情報収集から始めてみてください。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>