取付け工事価格を比較する方法

太陽光発電の設置には、約100万円~300万円の費用がかかると言われています。
その内訳としては、大きく分けてみると「太陽光発電システム本体価格」+「工事費(足場・設置工事・電気工事・各種書類申請)」です。
太陽光発電システム本体の価格はメーカーや設置するモジュールの数などでおそよの金額は出せますが、工事費となると一概に相場を出せるものではありません。
業者によって工事費にはかなりの開きがあるため、取付け業者を選ぶ時は工事費用の見積りを取って比較してみる必要があります。
ここで抑えておきたいのは、見積り依頼をする取付け業者についてです。
取り付け業者は2つの業者に分けることができます。
「取付け工事専門業者(工務店、建築会社など)」もしくは「取付け・販売業者(メーカー代理店・大手家電量販店)」です。
取付け工事専門業者は取付け工事のみを行います。
基本的に太陽光発電システム本体は自分で別途で購入しておかなくてはいけません。
ですので、この場合は工事費のみとなります。
対して、取付け工事と販売を行う業者は文字通り、取付け工事と太陽光発電の販売の両方を行っています。
太陽光発電の購入と取付けが一度に済むので楽です。
ただ、どちらにしても取付け工事は工務店などへ下請けに出しています。
業者選びで大切なのは、アフターフォローと信頼性です。
設置後もメンテナンスやトラブルの際にお世話になるので、どこまでアフターフォーローが整っているのかという点は重要になってきます。
取付け業者を数社ピックアップしてみたら、その上で実際の工事にかかる費用の比較をしてみて、どこの取付け業者に依頼するかを決めます。
工事費用を比較してみるには取付け業者から見積りを取って比較しますが、最低でも3社からは見積りを出してもらうのがいいでしょう。
また、この際に「太陽光発電の一括見積りサイト」を利用すると効率よく見積もり依頼ができて、費用を比較できます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>