住宅に太陽光発電を導入することのメリット

住宅に太陽光発電を導入する家庭が増えましたが、そもそも導入することによって得られるメリットは何かという事が重要です。
もちろん自然環境を守るためでもありますが、世界規模の問題の前に自分の生活に利点がないことには導入する人はまずいないでしょう。
そこで導入メリットを考えてみました。

メリットその1:光熱費を削減
メリットその2:余った電力は買取してもらえる
メリットその3:停電の影響を受けない
メリットその4:省エネ、環境意識が高まる
メリットその5:屋根裏温度が快適になる

太陽光発電システムの導入において一番のメリットは、その1とその2です。
まず、太陽光発電を導入することによって年間の光熱費を50%ほどは削減できるようになると言われています。
さらにオール電化住宅なら年間光熱費が約80%も削減することを期待できます。
太陽の熱で電気を作り出すので、導入コストをかければその後は燃料費がかからないというのも大きなメリットです。
そして発電をして、もし電気が余った場合には電力会社がその電気を買い取りしてくれます。
つまり、光熱費がかからない上に電力会社からの買い取り金がプラスされるので、太陽光発電システムで収入を得ることができるわけです。
買い取りに関して面倒な手続きは必要ありません。
毎月、電力会社がチェックして口座に入金してくれます。
また、太陽の熱が届いている状態なら発電し続けることが可能なので、万が一停電が発生しても、その影響を受けることはありません。
さらに太陽光発電システムが断熱効果を発揮してくれることで、夏は涼しく冬は暖かいというのも特徴です。
実際に太陽光発電システムのあるなしでの温度差を調べてみたところ、夏で-10℃、冬で+5℃の差が生まれています。
生活する上で快適な環境を作ることも可能だということですね。
もちろん現時点ではメリットだけとは言えません。
まだまだ開発の余地がある自然エネルギーなので、よく検討して導入を決めることです。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>